有名スポットがたくさんある沖縄でのダイビングは非常に魅力的

SITEMAP

Diving

慶良間諸島でマンタを狙う夏

青く美しい海が魅力のケラマ諸島。「サンゴ礁が広がり、クマノミが生活する穏やかな海」というイメージが強いダイビングエリアですが、夏から秋にかけて大物の水中生物、マンタを狙うことができます。マンタが現れるダイビングポイントは「ウチザン礁」。ここにはマンタのクリーニングステーションとなる根があり、定期的にマンタがやってきます。マンタで有名な石垣島のように、高確率で見ることができるというものではありませんが、運良く数日続けて見ることができることもあります。基本的にはドリフトダイビングになります。マンタを狙うダイビングはギャンブル的要素が強いものにはなりますが、悠然と泳ぐマンタを求めて、お盆から秋にかけてダイバーが集まります。いつもはどこまでも透明なケラマの海ですが、プランクトンが増えて少し濁り気味で、流れのやや強い時は特に狙い目。マンタはダイバーの吐く泡を嫌うため、着底し、静かに待つのが基本です。追いかけたり、根の上に乗ると、マンタは逃げてしまうどころか、来なくなってしまう可能性があります。マンタを見てどれだけテンションがアップしても、静かに過ごすことが大切です。また、ウチザン礁ではロウニンアジに遭遇することもあり、大物好きダイバーにとっては魅力溢れる海です。

UPDATE CONTENTS

TOP